英語コーチング

英語のコーチングでなぜ伸びるのか。元英語コーチがその理由を徹底解説

元英語コーチが、英語コーチングスクールに通うとなぜ英語力が伸びるのかを徹底解説しています。

私自身、

・小学3年生から3年間英会話スクールに通い
・大学受験は英語ガチ勢
・アメリカ留学も経験

して英語を習得したという経歴ですが、それでも第二言語習得理論をベースにした英語コーチングスクールを受講することが、短期的にも中長期的にも最も費用対効果の高い投資だと考えています。

英語の『コーチング』でなぜ伸びるのか

英語力の向上にはふたつの要素が不可欠、それは【効率性】と【継続量】です。

【効率性】とは、どれだけ自分にあった正しい学習方法をしているかということ。

独学だったり、すでにカリキュラムが決まっている英会話スクールで、自分にあった正しい学習方法を学ぶことはほぼ不可能といえます。

【継続量】は、どれだけ継続的に学習できるかということ。

だれかに管理をされていないとつい気が緩んでしまうのは、人間であればごく自然のことです。

英語コーチングスクールでは、この効率性と継続量を最大化するための仕組み・サポートが整っています。

英語コーチング目標達成までの流れ

  • 具体的な目標を決める(例:2ヶ月後にTOEIC150点アップ)
  • 課題分析テストを基に個別最適化されたカリキュラムを提示
  • 専属のコーチがチャットなどで毎日サポートし学習を継続
  • 最初に決めた期限内に目標を達成し学習の習慣化も身につく

それぞれ詳しく解説していきます。

具体的な目標を決める

英語コーチングスクールでは、受講開始前までに英語学習の目標をできるだけ具体化します。

前提として大事なのは、「なぜ勉強するのか」という学習の動機を明確にすること。

>>参考記事『外発的動機づけと内発的動機づけについて解説

なぜTOEIC800点を取りたいのか、なぜビジネス英語を話せるようになりたいかなど、動機が不明確で定まっていないと学習は長く続きません。

動機が明確という前提で、具体的な目標を決めることはとても重要です。

※なので、無料カウンセリングでコーチがあなたの目標に対して具体性を持たせる質問をしてこなかったり曖昧な目標設定を良しとしている印象がある場合、そのスクールを受講することはおすすめしません。

具体的な目標を決めないスクールは絶対にやめたほうが良い

>>参考記事『ポイントは1つ!本当に英語力が伸びる英語コーチングスクールが無料カウンセリングでやっていること』

「具体的な目標」には大きく2つに分けられます。

・最終的な目標:達成したい目標の具体化
・日々の目標:具体化した目標から逆算して落とし込んだ月単位、日単位の計画

最終的な目標

NGな目標の例とOKな目標の例を対比させる形で書いてみました。

違いを見てみましょう。

NGな目標、やりがちですよね。

「〜以内」「だいたい」「くらい」など曖昧な表現ばかりで、全く具体的ではありません。

一方のOKな目標は明確な日付、明確なスコア(だいたい、くらいなどの表現はない)が書かれています。

>>参考記事『目的・目標・期限を明確に設定しよう。それぞれの位置関係についても解説

日々の目標

最終的な目標を達成するための日々の目標、すなわち学習スケジュールのことです。

英語コーチングスクールの中には、日々の学習スケジュールを3W2H(WHEN・WHERE・WHAT・HOW TO・HOW VOLUME)で細かく書き出していき、徹底した可視化を行っています。

>>参考記事『学習スケジュールの正しい立て方とは。元英語コーチが詳細を徹底解説

個別最適化されたカリキュラムを提示

どのような学習をおこなえば良いかは英語学習の永遠のテーマですよね。

英語コーチングスクールの多くは、無料カウンセリングの際に第二言語習得理論に基づいたレベルチェックテストで弱点を洗い出し、あなたにとって最も効果的なトレーニングは何かを教えてくれます。

教材選びもおこなってくれるので、受講者は学習に集中できます。

※第二言語習得理論に基づいたカリキュラムを提示してくれるスクール一覧をここに挿入する

毎日の学習サポート体制

よくある英会話スクールとは違い、英語コーチングスクールではLINEなどのSNSを用いて毎日コーチとやり取りします。

シャドーイングやスピーチの添削、学習報告などの受講者の報告に対して、英語コーチがフィードバックやアドバイスをしてくれます。

「正しい目標の立て方」のSTEP4で【計画を修正する】とありますが、

計画を修正するためには学習進捗度合いの把握をする必要があるため、英語コーチングスクールの多くは受講者に学習報告をお願いしています。

学習報告や学習添削のほかにも、たとえば文法質問だったり学習方法の細かい疑問点などもSNSで聞くことができます。

週1回の面談時ではなく不明点がでてきたらすぐに聞くことができるサポート体制は、受講者のモチベーション維持にも貢献しています。

目標を達成し学習の習慣も身につく

正しいやり方で毎日必要な時間継続できていたら、目標は必ず達成します。

英語コーチングスクールでは、【第二言語習得理論に基づいた正しいやり方】と【毎日の密なやり取りによる学習の継続】どちらもできるので、受講期間中の目標を達成できるというわけです。

非常にシンプルですが、英語力向上の方程式は【効率性】✖️【継続量】なので理にかなっていますよね。

そして、英語コーチングスクールを受講することで得られるものがもう1つあります。

それは【学習の習慣化】です。

どのようなプロセスを経て英語力が上がったとしても、目標を達成して英語学習を終えてしまっては英語力は下がります。

言語はスポーツのようなものだからです。

なので、いかに学習をずっと続けられるか、最低でも達成した目標の英語力をその後もキープするための学習を毎日続けられるかがかなり重要になります。

英語コーチングスクールを受講すると1日数時間の学習を数ヶ月間おこなうことになるので、知らぬ間に学習の習慣化が身についています。

伸び悩みには英語コーチングの無料カウンセリング

英会話を半年続けていたり独学で伸び悩んでいるなら、一度無料カウンセリングを受けましょう。

スクールによっては無料カウンセリング時に、目標達成に必要な

・ヒアリングをもとに具体的な目標の設定
・チェックテストによる現時点の英語レベル測定
・学習カリキュラムの作成と提示

を1時間ほどでおこなってくれるので、受講意思はともかくまず無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

カウンセリングを受けるなら、自分に最適なカリキュラムを提示してくれるところへ

私のおすすめは、プログリットとENGLESDです。

それぞれ目標設定とチェックテストによる英語レベルの測定、そしてカリキュラムの作成と提示までおこなってくれます。

クリックで
公式サイトに移動↓↓
総合評価 学習メソッドの
根拠・理論
受講期間 入会金 受講料 レッスン 学習管理 スコア保障 全額返金保証
PROGRIT
第二言語習得理論 2ヶ月 5万円 33万円 なし 厳しめ なし 受講開始から
30日以内
ENGLEAD
第二言語習得理論 2ヶ月 5万円 33万円 あり 緩め あり なし

それぞれのスクールについてもっと詳しく知りたい!という方は、以下の記事をあわせてどうぞ。