英語コーチング

TORAIZ(トライズ )の口コミ・評判・注意点|長期で英語力を上げたい人におすすめ。英語コーチが徹底解説

悩む人

トライズってどんなスクールなんだろう..詳しく教えてほしい!

英語コーチ ムク

結論からいうと、1年間みっちり英語づけの毎日をおくれる人におすすめ!よく比較される短期間のスクールもあわせて紹介していくね!

  • 1年間たっぷり時間があるならトライズ一択
  • 短期間で英語力を伸ばしたいなら他社も検討すべき
    →詳細はちょっと下へスクロール

「1年で1000時間英語を勉強し、英語をマスターする」がキャッチコピーのトライズ。

受講を考えていると

悩む人

英語を本当にマスターできるの?そもそも1年間も学習続けられるかな…

など不安になりますよね。

料金も1年間で100万円なのでなかなか受講まで踏み切れないのが正直なところ。

そこで現役英語コーチでもある私が、どのようなサポートを受けながらどのような学習をするのか、途中でやめてしまった場合の返金保証についても詳しく解説します。

英語コーチならではの視点で解説

他のサイトや口コミには載っていない、英語コーチだからわかる「トライズを受講する際の注意点」についてもまとまているので、ぜひご参考ください。

  • 簡単3分で申込完了
  • オンラインに対応
  • 料金は発生しません

無料 カウンセリング
を受けてみる

よく比較されるスクール
  • 最もおすすめなのはプログリット

プログリット

ポイント

理論に基づくカリキュラム

徹底した学習継続のサポート

1年間の学習プランを提供

9

学習効率

9

自習学習

9

サポート

9

短期の伸び

  • 価格重視ならスパルタバディ

スパルタバディ

ポイント

オンラインで全て完結

3ヶ月13万という破格

理論に基づくカリキュラム

9

学習効率

9

自習学習

8

サポート

9

短期の伸び

トライズの概要-1年で1000時間の理由-

1年で1000時間ということは、単純計算すると1日に3時間弱の学習。

それくらいやったら確かに英語力は飛躍的に上がりそう…と何となく思うかもしれませんが、根拠があります。

ForeignServiceInstitute(FSI)
:アメリカ国務省付属の言語教育機関。年間225,000人の登録者に65以上の外国語を含む850以上のコースを提供している

上の表は、FSIが「英語を母国語とする人が他の言語を習得するために必要とする学習時間」を表したもの。

英語を母国語とする人は、言語系統が似ているドイツ語やフランス語の学習時間に比べ、言語系統が違う日本語の習得には3倍以上の時間がかかることがわかります。

つまり、日本人である私たちが英語を習得するためには同様に約2200時間が必要ということになります。

ただ、日本人の多くは中学・高校で1200時間の英語授業を受けています。

学校の授業で英語をサボっていたら話は別

上記のFSIが提供しているデータと理論に基づくと、英語を習得するために必要な時間は約1000時間。

この残りの1000時間を1年間で達成するのがトライズの英語コーチングです。

  • 簡単3分で申込完了
  • オンラインに対応
  • 料金は発生しません

無料 カウンセリング
を受けてみる

1年間で1000時間の学習を可能にする方法

続いては、これさえおさえればトライズがわかる!というトライズの特徴を簡単に説明します。

先ほども述べたように、日本人が英語を習得するのに必要な時間は約2200時間と言われ、そのうち残りの1000時間を1年間で達成するのがトライズです。

1年で1000時間の学習を達成する
  • 1日3時間、1週間で20時間の学習時間を確保する
  • リスニング・スピーキングに特化して「聞く」「話す」を強化
  • 専属のネイティブ講師と日本人コンサルタントがダブルサポート
  • 専用のシステムで日本人コンサルタントと学習状況を共有

それぞれ詳しくみていきましょう。

1日3時間、1週間で20時間の学習時間を確保する

1年は365日なので、1000時間÷365日=2.74時間。

つまりトライズでは1日に約3時間学習をする計算です。

週単位でみると20時間の確保をし、月に80時間の英語学習を目指します。

また、上のトライズ受講生スケジュール例を見るとわかりますが、トライズでは1週間の中で1日だけ「お休み」という英語学習をしない日をあえて設けます。

急な仕事やプライベートの用事にも対応できる予備日としての位置づけ。

あえて1週間のうち1日は休む

1週間に1日の予備日をあらかじめ設定しておくことで、英語学習がどうしてもできなかったときの心的負担を減らし、モチベーションの低下を防ぎます。

リスニング・スピーキングに特化して「聞く」「話す」を強化

トライズの学習は、「リスニング」「スピーキング」だけで、「リーディング」や「ライティング」の学習は基本やりません。

多くの日本人にありがちなのは、『読んだり書いたりするのは大丈夫。けど聞いたり話したりはけっこう苦手』というもの。

理由は単純で、日本の英語教育はテストのための英語力アップにフォーカスしており、実践のための学習はほとんど行っていないから。

基礎がためという意味ではまあ良い

いざネイティブと話すときに全然コミュニケーション取れないのは当たり前ですよね。

そのような現状をふまえ、トライズでは日本人が苦手とする実践的な「聞く」「話す」力を集中的に伸ばすことで、【本当に英語で会話ができる】ようになることを目指します。

専属のネイティブ講師と日本人コンサルタントがダブルサポート

『英会話スクールだとネイティブ講師にこちらの要望が伝わりづらかったり、日本人講師だけがいるスクールだと本当に話せるようになるのだろうか。。』この不安を解消してくれるのがトライズのダブルサポート制。

専属のネイティブ講師と日本人コンサルタントは常にあなたの学習進捗を共有し、レッスンや日々の自主学習に落とし込みます。

なので、レッスンへの不満もなく、日々の学習も納得した状態で行うことができます。これにより、継続率は91.7%と非常に高くなっています。

専用のシステムで日本人コンサルタントと日々の学習状況を共有

トライズでは日本人コンサルタントと以下のような形で進捗を共有します。

毎営業日のフィードバックメール
2週に1回の面談でプログレスチェック
月に1回のversantテスト

トライズが他と違うところは面談とテストの回数。

まず面談ですが、コーチングスクールの多くは週に1〜2回なのに対し、トライズでは2週に1回と少なめ。

理由はversantテストです。

多くのコーチングスクールが受講期間の最初と最後のみ計2回スピーキングテストを行うのに対し、トライズでは月に1回versantを受けます。

定量的な成長指標が月に1回わかるので、その分面談の回数を減らしてより英語学習の時間を確保するというわけです。

  トライズ 他社
面談頻度 2週に1回 週に1〜2回
テスト頻度 毎月1回 プログラムの
最初と最後
外国人講師
とレッスン
あり なし

また、コーチングスクールの中にはネイティブ講師とレッスンを行わないところもあるので、頻繁に面談を行う必要がないともいえます。

トライズを検討する前に|確認したいこと

ここまでトライズの特徴について解説していきました。

続いては、トライズを検討する前に知らないと損をするポイントを解説します。

  • 中学英語すら忘れている、学習してこなかった場合はどうなるの?
  • トライズの「海外出張で質疑応答できるレベル」ってどの程度なの?

それぞれ確認していきましょう。

中学英語すら忘れている、学習してこなかった場合はどうなるの?

トライズの理論をざっくりまとめると

トライズ
担当者

1年間で1000時間トライズで学習、中学と高校で1200時間学習しているから合計2200時間で英語をマスター!

ですが、ここでひとつ疑問が。

中学生のときに英語を学習していなかった、学習したけどすっかり単語や文法を忘れてしまった場合はどうなるの?ということです。

これについて、トライズの公式HPで以下のような回答がありました。

Q.文法やライティングも学習しますか?

A.基本的には文法やライティングは学習しません。 トライズは【本当に英語で会話ができる】ようになることを目標としたプログラムとなります。 しかし文法については、基礎的な知識は会話をする上でも必要になりますので、受講生一人ひとりのレベルに合わせて、文法専門の講師のレッスンをご提供することもございます。

トライズHPより引用

文法の学習はトライズ受講前に自分でやったほうが良さそうですね。

レッスン内容も「話すことがメイン」と書かれていることからも、中学英文法も難しいと感じる初心者がいきなりトライズを受講するのは避けたほうが良さそうです。

中学文法がわからなかったり忘れてしまった人など、英語初心者にはあまり向いていない

もし文法が苦手だったりまだまだ基礎から学習をしたいと考えている方は、トライズとよく比較されるスクールもあわせて検討しましょう。

よく比較されるスクール

トライズの「海外出張で質疑応答できるレベル」がどの程度なの?

トライズでは、スピーキング力がどれくらい伸びたのかを客観的に計測する「versant」というテストを毎月1回受験します。

VERSANT®は、仕事で使える実践的な英語力を測るテストです。従来のテストとは異なり、試験の実施と採点までが短時間で行えます。ピアソンで開発された高度な自動言語認識システムを利用しており、スマホアプリやパソコンがあれば日時や場所を問わず受験ができます。国内外の大手グローバル企業での採用のほか、米国防省やオランダ政府移民局などの政府機関でもそのシステムが導入されるなど、信頼性の高いテストです。

versant公式HPより引用

下の表はトライズ公式HPからの引用で、実際にトライズを受講した方のスピーキング力向上をデータにしたもの。

上の表で気になること、それは「海外出張で質疑応答できるレベルとは、具体的にどのくらいのレベルなのか」ということです。

  • 海外出張で質疑応答できるレベルとは、具体的にどのくらいのレベルなのか

上の表を見る限り、トライズでは「海外出張で質疑応答できるレベルはversantテストで45点以上」と定義していることが推測できます。

では、versantで45点とは具体的にどのくらいなのか。

調べたところ、versantの資料で以下のように記載がありました。

versant資料より引用

versantが提供する資料によると、47点を「海外赴任目安ライン」とし、英語でビジネスするためにまず必要とされる目安と補足しています。

海外赴任=海外出張ではありませんが、【現地で英語をつかう】という点ではおなじ。

従って、トライズが「海外出張で質疑応答できるレベル」として定義しているversant45点以上は妥当な基準であると判断できます。

  • 簡単3分で申込完了
  • オンラインに対応
  • 料金は発生しません

無料 カウンセリング
を受けてみる

トライズはこんな人におすすめ

これまでの解説をふまえて、トライズは以下のような方におすすめです。

  • 英語コンプレックスを脱したい
  • 英会話力を短期間で飛躍的に上げたい
  • 最終目標が「ネイティブとの会話で困らないレベル」

それぞれ詳しくみていきましょう。

英語コンプレックスを脱したい

トライズのネイティブ講師と日本人コーチのダブルサポートが英語への苦手意識を払拭してくれます。

ネイティブ講師に聞きにくい文法知識などの苦手なところは日本人コーチに聞けます。

逆に会話のレッスンは『日本人同士での会話は恥ずかしい』という思いが少なからずでてきてしまうので、レッスンはネイティブ講師と行うのが良いですよね。

トライズは受講者の心理的な壁を、ダブルサポートという形で解決しています。

英会話力を短期間で飛躍的に上げたい

トライズの受講期間は原則、半年〜1年。

しかし実際には、トライズを受講して1ヶ月〜3ヶ月で会話力の飛躍的な向上を実現している受講生が多数います。

『1年間は長すぎるから、他のスクールを検討しよう』と思っている方にこそ、トライズでまずは1ヶ月学習してみることをおすすめします。

最終目標が「ネイティブとの会話で困らないレベル」

最終目標が高い人ほどトライズはより向いています。

なぜなら、サポート付きでの学習期間が長いぶん、英語力は伸びるから。

1年後に「海外出張で質疑応答できるレベル」を目指すトライズだからこそ、最終目標がネイティブとのストレスのない会話を想定している方におすすめです。

トライズのコース・料金

ここでは、トライズのコースと料金について説明します。

コースの種類
  • 通常コース
  • TOEIC対策コース

詳しくみていきましょう。

通常コース

トライズの通常コースは、キャンペーンが充実しており料金の支払い方法に応じて割引が最大で25万円も受けられます。

『受講期間が6ヶ月と12ヶ月だけだと、料金も高くなるし微妙。。』という方は、支払い方法を【月払い】にしましょう。

そうすれば、キャンペーンは適用されませんが受講期間は1ヶ月〜選ぶことができます

受講期間と支払方法による総支払額は以下の表をご覧ください。

受講期間1ヶ月〜の場合、期間によって総支払額と月換算額が異なるため空欄とした
キャンペーンなどによって多少の変動は都度あり
料金に含まれるもの
  • コンサルティング
  • 毎営業日のメールサポート
  • 週3回のネイティブ講師とのレッスン
  • 2週に1回の進捗確認面談
  • 月1回の進捗確認テスト
  • オリジナル学習管理ツールの使用
料金に含まれないもの
  • 教材費(トライズが受講者の目的や英語レベルに応じて最適な市販教材を選んでくれるので、自分で購入するという流れ)

注意したいのは、受講中に使用する教材費が別途かかるということ。

トライズが受講者の目的や英語レベルに応じて最適な市販教材を選んでくれるので、自分で購入するという流れです。

TOEIC対策コース

TOEIC対策コースについては、下の別記事で詳しく解説しています。

  • 簡単3分で申込完了
  • オンラインに対応
  • スコアアップ保障あり

詳細 TOEICコース
専用公式HP

トライズの口コミ・評判

トライズを実際に受講した卒業生の口コミや評判を解説します。

受講開始後3ヶ月で電話会議の議論が楽しくなった!

1日2時間のシャドーイングと1時間のスピーキングを中心に取り組んできた結果、Versantスコアが1ヶ月で42から50へアップ。そして3,4ヵ月ぐらいが経過した頃、海外の外国人の同僚と電話会議をする機会がありました。これまではたいてい一方的に話をされてしまい10分程度で終わっていた会議が、その日は1時間くらい議論が続きました。このときから、英語でのビジネス会話が楽しいと感じられるようになってきました。コンサルタントの方がいつもタイムリーに適切なアドバイスをしてくれたのが支えになりました。

英語学習はモチベーションが命。

いくら効率的な学習を続けていても、成長が感じられないと長くは続きません。

コンサルタントのサポートに価値を感じ、アドバイスをもとに毎日学習したからこその成果ですね。

特に、1ヶ月でVersant8点アップは素晴らしい成長スピードです。

音読はできても話せない!コンプレックスを断ち切れた大きな出会い

トライズで英語力が身につけられた裏には、コンサルタント、講師の存在はなくてはならないと思います。私を担当してくれたコンサルタントさんは、毎回褒めちぎってくれてモチベーションを上げてくれました。だから次第に、この人の期待に応えるために頑張ろうという気持ちにもなれたと思います。講師も私が意見をはっきり言うものですから、それに付き合ってくれて、本当にありがたかったです。

「コーチング」と聞くとどうしても厳しいイメージがありますが、トライズのコーチングは目標に向かって伴走するパートナーのような存在であることが分かります。

適度かつ的確な褒めを通じた信頼関係の構築あってこその、英語力の向上ですね。

無料カウンセリング体験談

ここからは、わたしがトライズの無料カウンセリングにいくまでの流れから、実際にいってみてどうだったかを紹介していきます。

無料カウンセリングの予約方法

下の『公式サイトはこちら』をクリック

続いて、右上の無料カウンセリングを予約> ボタンをクリックします。

画面が切り替わり下にスクロールすると以下のような画面になるので、希望のプログラムを選びます。

トライズ スピーキング本科(通常プログラム)を希望する場合はそのまま下にスクロールしてください。

無料カウンセリングを希望するセンターを選ぶと日程調整の画面に進みます。

空いている枠の中から都合の良い日程をクリックすれば、あとは名前やメールアドレスなど連絡先を入力すれば完了です。

その後、無料カウンセリング前日に確認の電話があるのみなので、日程調整などしなくて良く心理的に楽です。

電話を取らなくても無料カウンセリングは受けられるので、安心しましょう。

無料カウンセリングの流れ

①学習の目的・現状をヒアリング

英語力をなぜ上げたいのか、その目標を達成するために現在している学習はあるのかなどを質問されました。

特に詰められるようなこともなく、穏やかなスタートという印象。

②プログラム説明

『1年で1000時間学習』の理由、第二言語習得理論に基づいたシャドーイングなど具体的な学習の根拠について説明を受けました。

興味深かったのが、定期的に第二言語習得理論の専門家を招き最先端の情報を共有しているという点。

じつは第二言語習得理論はまだまだ実証途中の理論で、効率的な学習方法は都度アップデートされているという事実があります。

トライズのコンサルタントは専門家の助言を生で受けているので、最も効率的な学習方法を知っていると言えます。

③サポート説明

プログレスチェックと呼ばれる2週に1回の面談では、コンサルタントの目の前でシャドーイングを行い学習手順や方法が合っているかをチェックしてくれます。

シャドーイングの学習方法はプロセスが多くポイントもあり非常に複雑です。プロがその場でチェックしてくれるのは嬉しいですね。

また、1日3時間の学習時間を達成するために、机に向かうのではなく移動時間を使っての学習を推奨している点は忙しいビジネスパーソンにとって有り難いところです。

④学習方法の説明

最後に、スピーキングや英会話などの学習方法について説明を受けました。

個人的に良いなと思ったのは、英会話の柔軟性。

あらかじめトピックを決めて学習していくのが原則ですが、急な海外出張やプレゼンが発生すればレッスン内容も臨機応変に対応してくれるとのことでした。

英会話については、2019年11月よりVRとAIを用いたVRコーチングを導入しています。

これにより、カリキュラムの柔軟性がより高くなりレッスン内容が今まで以上に受講者のニーズに対応できる充実したものになりました。

料金や返金保証など気になる事を問い合わせしてみた

無料カウンセリングの最後に、気になる事をいくつか質問してみました。

筆者

1年間モチベーションが続くか分からない。仕事や家庭の状況も読めないのですが。。

担当者

1ヶ月単位での受講も可能なのでご安心ください。原則として「1年間で英語をマスターする」がトライズのコンセプトではありますが、受講者のご希望に合わせてカスタマイズをさせていただきます。

筆者

途中で解約したい場合、返金保証はありますか?

担当者

ございます。保証は全部で3つ、全額返金保証/途中解約保証/無料延長保証があります。全額返金保証については、受講開始後1ヶ月までの間は無条件で全額返金いたします。途中解約保証については、受講開始から1ヶ月を経過した後に途中解約される場合、残りの期間の受講料から解約手数料(5万円or残額の20%の安い方)を除いた金額をお返しいたします。最後に無料延長保証ですが、しっかりと学習いただいたにも関わらず、万が一英語力が全く伸びなかった場合、12ヶ月一括なら最大3ヶ月、6ヶ月一括なら1ヶ月、受講期間を延長できる制度です。

まずは無料カウンセリングを受けてみよう

トライズは【1年間で1000時間の学習時間】を確保し英語をマスターするプログラム。

1年間かけて英語力を上げれば、その後は英語がストレスになることはほぼないと言っても良いでしょう。

『今年こそは英語力を上げたい。モチベーションが上がってきた!』という方は、無料カウンセリングを受けてみましょう。

  • 簡単3分で申込完了
  • オンラインに対応
  • 料金は発生しません

無料 カウンセリング
を受けてみる