TOEIC

銀のフレーズの効果的な使い方!TOEIC500点未満の初心者に最適。アプリや音声を活用しよう

悩む人

銀のフレーズがTOEICの単語学習に良いってきくけど…金のフレーズとどう違うんだろ。

英語コーチ ムク

TOEICスコアによってどちらか選ぼう!

現在のスコアが500点未満なら銀のフレーズ。500点以上なら金のフレーズを学習しよう!

金のフレーズ』の弟分である『銀のフレーズ(以下:銀フレ)』は、英語コーチの私も強くおすすめする一冊。

とくにTOEIC500点未満の初心者に最適な単語帳です。

この記事では、銀フレの使い方や効率の良い進め方などを中心に、1000単語を1ヶ月で覚える具体的な方法も交えて解説していきます。

  • TOEICフレンドリーな設計で初心者も取り組みやすい
  • TOEIC500点以上の人は金フレを使おう
    →『金フレの記事はこちら>>
  • 音声やアプリでより効果的な学習ができる

無料で音声をきく方法やアプリの具体的な使い方もすべて解説しています。

つまずきがちな単語学習を楽しく効果的に進めていき、TOEICで高スコアをとりましょう!

銀のフレーズがTOEIC学習に最適な理由と注意点

銀フレの効果的な使い方を解説する前に、『なぜ銀フレがTOEIC初心者に最適な単語帳なのか』を詳しくお話しします。

悩む人

読み飛ばそーっと

と思った方は要注意。

なにかを始めるとき、それを「なぜやるのか」という根拠を知っているのとそうでないのでは、継続へのモチベーションにかなり差がでてきます

目標スコアを達成するためにも、銀フレがTOEIC初心者に最適な理由を確認しましょう。

理由は以下の4つ。

  1. TOEICテストにでてくる頻出単語が収録されている
  2. TOEIC頻出の部署/職業名や定型表現・多義語も収録されている
  3. 基礎から発展までレベル別にわかれており勉強しやすい
  4. 見開きページの左に単語、右にフレーズがあり覚えやすい
  5. 【注意】TOEIC中級者には向かない金フレをやろう

それぞれ詳しく解説していきます。

TOEICテストにでてくる頻出単語が収録されている

銀フレは、以下の4項目をもとに作成された単語帳です。

「銀のフレーズ」冒頭より引用

つまり、『TOEICテスト本番で頻出する単語だけを集めました』ということ。

じつは銀フレ掲載単語の約半数が、金フレと同じです。

銀フレ掲載の500語は、金フレにも掲載されている

しかし読者が銀フレを終えたあと金フレに移れるよう、銀フレと金フレのフレーズに重複はありません

読者目線すぎる単語帳といえます。

また、銀フレは【フレーズで単語を覚える】というコンセプトで、書いてあるフレーズが「ほぼそのまんま」TOEICテスト本番にでてくるという完璧さ。

「銀のフレーズ」冒頭より引用

つまり、フレーズを覚えてしまえば、単語のみならずリスニングやリーディング対策にも直結するというわけです。

フレーズを覚えるだけでリーディング・リスニング対策にもなる

頻出単語を覚えられるのはもちろん、フレーズを覚えればそのままTOEIC対策ができるのは銀フレ最大のメリットでしょう。

TOEIC頻出の部署/職業名や定型表現・多義語も収録されている

2つめの魅力は「Supplement」、いわゆるおまけです。

銀フレは1〜4章までありますが、各章のおわりにTOEIC頻出の部署/職業名や定型表現・多義語などが収録されています↓

「銀のフレーズ」より引用

TOEICテストで『難しいな』と感じる要因のひとつが、TOEIC特有のビジネス英語。

悩む人

日常会話の単語すらままならないのに、ビジネスなんて無理…

TOEICテスト本番のハードルを下げるために、頻出単語とは別に「おまけ」という形で部署/職業名や定型表現・多義語が収録されています。

単語以外も充実しており、かゆい所に手が届く

【TOEIC専用】を謳う単語帳のほとんどは、このような重要表現を掲載していなかったり、あるいは頻出単語とごちゃ混ぜに掲載しておりけっこう覚えにくいです。

基礎から発展までレベル別にわかれており勉強しやすい

銀フレは本当に勉強がしやすい。そう思う理由のひとつが、レベル別の単語収録。

「銀のフレーズ」より引用

基礎/頻出/必須/発展の4つに分かれています。

単語学習いちばんの敵はモチベーションの低下ですよね。

悩む人

終わりがみえなくてつらい…

しかし銀フレなら、まずは基礎の400語。そのあと頻出…のように段階をふんでの学習が可能です。

レベル別の収録でモチベーションの低下を防ぐ

見開きページの左に単語、右にフレーズがあり覚えやすい

銀フレを見開きでみると、下の画像のようになります。左にフレーズ、右に単語がありますよね。

「銀のフレーズ」より引用、作成

フレーズ→単語の順番で学習をする設計になっています。

英単語の正しい覚え方|英語コーチが教える効率的な学習方法』でも述べていますが、英単語を覚えるときのポイントに【身近なものとリンクさせる】というのがあります。

英単語を覚えるときは、その単語がどのようなシーンで使われるかをイメージしようねということです。

英単語←→日本語の対だけで覚えても、使える英単語にはなりません。

英単語は、どのようなシーンで使われるかをイメージしながら覚える

リスニングやリーディングで『あ、この単語。知ってるけど…』のように考えてしまうと、音声や英文の理解に時間がかかってしまいますよね。

TOEICは時間との勝負なので、いかに単語をすばやく処理できるかがとても大事。

そのためには、使える英単語のインプットが欠かせません。

銀フレの見開きページは、英単語の使われるシーンがフレーズを通して分かり、日本語の意味も瞬時に覚えられる設計になっています。

まさに使える英単語をそのままインプットできるというわけです。

【注意】TOEIC中級者には向かない→金フレをやろう

銀フレには一点だけ注意点があります。

冒頭でも述べましたが、TOEIC500点以上の人には向いていないということ。

TOEIC500点以上の人は銀フレ対象外

参考:『金のフレーズの効果的な使い方!初心者には向いてない?アプリや音声を活用しよう』

銀フレはTOEIC300〜500点台の方を対象にした単語帳です。

「銀のフレーズ」冒頭より引用、作成

『TOEICを受けたことがないから自分のレベルがわからない』『前にTOEICを受けたのは半年以上前…』という方は、下のリンクから基本単語200をチェックしましょう。

TOEIC 基本単語200のファイルはこちら(PDF)>>

半分以上わかった場合、基本単語のインプットは大丈夫だろうと考えられるので、銀フレの兄貴分である「金フレ」から学習することをおすすめします。

参考:『金のフレーズの効果的な使い方!初心者には向いてない?アプリや音声を活用しよう』

銀フレの効果的な使い方をステップごとに詳しく解説

銀フレがTOEIC学習に最適な理由がわかりました。

つぎは、効果的な銀フレの使い方を具体的に解説していきます。

銀フレに限らずですが、単語を覚えるときのポイントは以下の3つ。

  1. 高い回転率を意識する
  2. 単語のイメージをつかむ
  3. フレーズと単語を発音する

この3つは全て『なんとなくそうした方が良さそうだから』というわけではなく、科学的な根拠に基づいた絶対に守ってほしいポイントです。

ではポイントをふまえた上で、具体的なやり方を解説していきます。

  • STEP0
    1週間に学習する単語数を決める
  • STEP1
    英単語をチェックして振り分けする
  • STEP2
    分からない英単語を学習する

STEP0:1週間に学習する単語数を決める

学習前の準備として、1週間に学習する単語の数を決めましょう。

なぜ1週間なのかというと、ひとつの単語グループを1週間かけて何周も行うから。

下の学習例のうち、右の「効果的な学習例」のようなイメージです。

これからの説明では、1週間で250単語、つまり4週間でちょうど1000語を覚えることを目標にして学習の手順を解説します。

STEP1:英単語をチェックして振り分けする

250単語のうち、使える英単語と使えない英単語にふり分けるためのチェックをします。

使える英単語の基準

英単語をみて/聞いて、0.5秒以内に日本語の意味がでてくる

すこし厳しい基準かもしれませんが、厳しいくらいがちょうど良いです。

基準に満たなかった英単語にはをつけるなど目立つようにしましょう。

STEP2:使えない英単語を学習する

振り分けがおわったら、「使えない英単語」を学習します。

しかし、ただ英単語をみて日本語の意味を考えるだけでは効果的な学習といえません。

単語を覚えるときのポイントをもういちど確認しましょう。

  1. 高い回転率を意識する
  2. 単語のイメージをつかむ
  3. フレーズと単語を発音する

これらのポイントはつまり、こういうことになります。

  1. 高い回転率を意識する=繰り返し反復する
  2. 単語のイメージをつかむ=フレーズ内容をイメージする
  3. フレーズと単語を発音する=アプリや音声をつかう

それぞれ詳しくみていきましょう。

高い回転率を意識する→繰り返し反復する

人は時間とともに覚えたことをどんどん忘れていきますよね。

ある研究では、時間をあけつつ何度も復習することが記憶の定着に良いことがわかりました。

エビングハウスの忘却曲線

とはいえ、いちど覚えたことを毎日のように何度も復習するのは、時間がかかり効率的ではありません。

そこで、以下のようなルールで取り組みましょう。

  • A〜Eまでの箱をつくり、250単語すべてAの箱に入れておく
  • 単語をひとつずつチェックをして、0.5秒以内に正解したら次の箱へ。例えば、Aの箱に入っている単語を正解したらBに。Bの箱に入っている単語を正解したらCの箱に入れる
  • 不正解の場合はどの箱に入っていてもAの箱に戻す
  • Aは毎日、Bは1日おき、Cは3日おき、Dは7日おき、Eは14日おきに復習をするなど、連続して正解した単語は復習する頻度を減らす

※説明のために便宜上「箱」を用いて説明していますが、実物を用意するのは手間です。なので、

  • A→何もなし
  • B→
  • C→
  • D→
  • E→

のように「チェック」で置き換えるとやりやすいと思います。

このルールで復習をおこなうことで、高い回転率を保つことができるので非常におすすめです。

単語のイメージをつかむ=フレーズ内容をイメージする

使える単語かどうかの判断基準として「0.5秒以内に日本語の意味がわかる」と述べましたが、銀フレはフレーズで単語を覚える仕様。

悩む人

フレーズだと答えるだけで0.5秒以上かかっちゃう!

と思いますよね。

そのため、復習のときはフレーズで学習し、STEP1の単語を振り分けるチェックテストでは英単語←→日本語のみでおこなうことをおすすめします。

  • 復習のときはフレーズで学習。本番そのまんまの英文に触れよう
  • チェックテストのときは英単語と日本語のペアで確認。フレーズは無視

フレーズと単語を発音する=アプリや音声をつかう

復習のときはかならず発音しましょう。

発音をすべき理由は以下の2つです。

  • 「思いこみの音」と「実際の音」とのズレをなくす
  • 発音はアクティブラーニングのひとつ。記憶に定着しやすくなる
  • 例えば「ィンポッスィボゥ」という音(便宜上カタカナにしています)が聞こえてきたとき、すぐに「impossible」だとわかるでしょうか。

    日本人の多くは「impossible」を「インポッシブル」という音だと勘違いしており、そのように発音します。

    しかし本当の発音は「ィンポッスィボゥ」。これが「思いこみの音」と「実際の音」とのズレです。

    単語と発音が一致していないので、単語を知っていても聞きとれないという事態が生じます。

    「思いこみの音」と「実際の音」とのズレに気づき、なくすためにフレーズや単語を発音しましょう。
  • 人がなにかを学ぶとき、学ぶ方法によって定着率が変わるという研究結果があります。

    下の図のうち、「発音する」は「自ら体験する」のカテゴリで定着率は70%。

    ただ音声を聞いて単語帳を眺める「視聴覚」の定着率20%と比べると、その差は明らかですよね。

このように、フレーズや単語を発音することの定着効果はかなり大きいです。

具体的には、音声やアプリを使って効果的に学習していきましょう。

音声やアプリでより効果的に学習する|メリット

定着率が高くなる以外にも、音声やアプリを活用するメリットはいっぱいあります。

  • スキマ時間を活用できる
  • 復習が簡単にできる
  • シャドーイングができる

それぞれ詳しくみていきましょう。

スキマ時間を活用できる

悩む人

単語ってどうしても集中力が続かないんだよね…

という方こそアプリを使いましょう。

電車やお昼休みなど、ぼーっとしてムダに過ごしてしまっている時間は必ずあります。

そもそも単語にガッツリ時間をとる必要はありません。

単語はまとまった学習時間をとる必要なし

アプリでの学習は場所を選ばないので、スキマ時間を有効活用できます。

復習が簡単にできる

紙のテキストだと不便に感じる復習も、アプリなら簡単にできます。

下の画像は、このあと紹介する「abceed」というアプリでみれる画面。

  • 習得済
  • 要復習
  • 未学習

の3つに分かれており、学習していくうちに自分の苦手な単語だけが勝手にストックされていきます。

紙のテキストだと自分で目印をつけなくてはいけませんが、その手間もアプリにはありません。

アプリだと復習するときのストレスがほぼない

学習へのハードルが下がるのはかなり嬉しいですよね。

オーバーラッピングができる

スマホで音声を持ち運べるので、いつでもオーバーラッピングができます。

悩む人

オーバーラッピング…シャドーイングがリスニングに良いって聞くけど、オーバーラッピングなの?

英語コーチ ムク

初心者にとってシャドーイングはハードルが高い。まずはオーバーラッピングをできるようになろう!

オーバーラッピングとは、音声と同時に、スクリプトをみながら発音する学習のこと。

難しそうですよね。けっこう難しいです。

でも絶対にやるべき学習なので、オーバーラッピングの具体的なやり方が分からない場合は下の記事もあわせてご覧ください。

このように、音声やアプリを使うことによる学習効果はかなり大きいことがわかりました。

音声やアプリでより効果的に学習する|ダウンロード方法

ここからは、音声やアプリをダウンロードする方法について解説していきます。

使っているスマホの種類によってダウンロードするアプリが変わるので、ご注意ください。

  1. 音声だけをきく(無料)→abceedをダウンロード
  2. アプリで学習したい(有料)→金フレアプリをダウンロード

それぞれ詳しくみていきましょう。

音声だけをききたい(無料)→abceedアプリをダウンロード

銀フレの紙の本で学習する場合、音声ダウンロードは「abceed」というアプリを活用すると便利です。

 

銀のフレーズ

abceed

ダウンロードが完了し初期設定を終えたら、ホーム画面の真ん中下にある「見つける」をタップしてください。

すると下の画面にうつるので少し右へスクロールしてください。

すると銀フレの表紙が見つかるはずです。

ただ、人気ランキング順位によっては矢印の場所にないかもしれません。その場合は「検索」から銀フレを検索しましょう。

銀フレの画面にいけたら、少し下にスクロールしてください。

すると「音声」という項目があるので、タップ。

音声は2パターンから選べます。

それぞれの音声は以下のように流れます。

  1. 英単語→日本語フレーズ→英文フレーズ→英文フレーズ
  2. 英単語→英文フレーズ

初めのうちは①で日本語訳を確認しつつ、英単語を覚えてきたら②で学習するのがおすすめです。

アプリで学習したい(有料)→abceedアプリで銀フレをダウンロード

悩む人

紙のテキストは使いたくない。アプリ一択!

という方は、abceedアプリで銀フレをダウンロードしましょう。(有料:860円)

まずはabceedアプリをダウンロード。

ダウンロードが完了し初期設定を終えたら、ホーム画面の真ん中下にある「見つける」をタップしてください。

すると下の画面にうつるので少し右へスクロールしてください。

すると銀フレの表紙が見つかるはずです。

ただ、人気ランキング順位によっては矢印の場所にないかもしれません。

その場合は「検索」から銀フレを検索しましょう。

銀フレの画面にいけたら、右上の赤い「購入」ボタンを押してください。

あとは学習するだけです。

やっぱり単語学習がつづかない…という方へ

気合で乗り切ろう!やるしかない!なんてことは言いません。

できないから苦労するんですよね。

私自身、集中力が続かないし復習するのも忘れるし、結果的には1週間くらいでやめてしまうなんてことを何度も経験しています。

英語コーチ ムク

単語学習がいちばんつらかった…

『ひとりじゃできない、けど英語をやらなきゃいけない』

という人は、スクールを利用しましょう。

ここでいうスクールとは、英会話スクールではなく英語コーチングスクール。

英語コーチングスクールとは

  • 英語版パーソナルジムのようなイメージ
  • 英会話がメインではなく、学習の習慣化がメイン
  • 受講期間は2,3ヶ月
  • 受講者には専属のコーチがつく
  • 毎日LINEで成果を報告したりスケジュール管理をされる

英語学習で挫折する最大の原因は、継続できない意思の弱さ

下の画像をみるとわかりますが、英語をやっておけば良かったと思う人が圧倒的に多いですよね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2846-1024x698.jpeg
プレジデント 2018年7.2号「あなたは今、何を学ぶべきか」より引用

年齢別にみても、学んでおけば良かった教養第1位は【英語などの語学】です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2847-1024x426.jpeg
プレジデント 2018年7.2号「あなたは今、何を学ぶべきか」より引用

つまり、やろうとは思っていてもなかなか手につかず年を重ね、『あのときやっておけば良かった』と後悔してしまう可能性がかなり高いということ。

英語を習得せず、歳を重ねてから後悔する人がかなり多い

”後悔先に立たず”ではないですが、英語学習を後回しにしても良いことはありません。

そのような方には、ぜひ英語コーチングスクールを選択肢のひとつに入れてみると良いかもしれません。

プログリット

ポイント

理論に基づくカリキュラム

徹底した学習継続のサポート

1年間の学習プランを提供

9

学習効率

9

自習学習

9

サポート

9

短期の伸び

:専属コンサルタントがマンツーマンで学習管理から正しい学習方法までを徹底サポート。カリキュラムは第二言語習得理論に基づき、短期間で英語力がアップ。

スピークバディ

ポイント

オンラインで全て完結

3ヶ月18万という破格

理論に基づくカリキュラム

9

学習効率

9

自習学習

8

サポート

9

短期の伸び

:スマホ一台でオンライン受講できる。AIと第二言語習得理論をベースに、受講者にあったカリキュラムを提供。高品質ながらも月6万円と低価格。

下の記事では、英語コーチングスクール12社を徹底比較しています。

英語コーチングスクールとは?から詳しく解説しているので、英語力を上げたい方はいちど目を通してみましょう。

無料カウンセリングや無料体験レッスンも豊富なので、伸び悩んでいる方は、いちど受けてみることをおすすめします。