TOEIC

TOEICはいつ受けるべき?おすすめの参考書は?英語コーチが徹底解説

悩む人

TOEICっていつ受けるのが良いんだろう…

英語コーチ ムク

結論からいうと、TOEICはすぐにでも受けよう!参考書はTOEIC専用のものを購入するのがおすすめ。詳しく解説していくね!

いますぐTOEIC公式テストを申し込む>>

TOEICっていつ受けるか悩みますよね。

今すぐにでも受けましょう。

この記事や当サイトの別のTOEIC関連記事に書かれていることをすべて実践すれば、あなたのTOEICスコアは確実に伸びます。

TOEIC関連の記事をチェックする>>

よくいる人

  • TOEICなんて必要になったらやれば良い
  • そもそもTOEICスコアいらなくない?

こういった声を聞きますが、そんなことはありません。

やるべきことは一つでも多くのスキルを身につけること。

そのなかでもTOEICは、努力をすれば誰でも高いスコアをとれる非常にコスパの良い資格といえます。

早いうちに対策をしておきましょう。

TOEICの概要と注意点

対策をするためには、TOEICがどのようなものかを知る必要がありますよね。

そこでまずは、TOEICの概要と注意点を解説していきます。

1回120分のテスト|990点満点

TOEICはリスニング45分とリーディング75分の計120分間で行われる、マーク式のテストです。


TOEIC Program DATA & ANALYSISより引用

満点は990点で、5点刻みでスコアが表記されます。

テストは英文のみで構成されており、英文和訳や和文英訳といった設問はありません。

リスニングの問題構成

リスニングはパート1〜4で構成されています。

写真をみて的確な状況説明をしている音声を選ぶパート1から、1分ほどのラジオニュースを聞いて設問に答えるパート4までいろいろな問題を解きます。

パート 問題形式 問題数 センター
だと
写真描写
短文応答 25 L:大問2
会話 39 L:大問3
説明文 30 L:大問4

一番右の【センターだと】という項目は、センター英語におきかえると似ている大問を記載しています。

ただし、あくまで問題構成が似ているというだけ。

使われる単語などは違うので、大学受験のときに使っていた単語帳をそのままTOEIC学習用に利用しないよう注意しましょう。

リーディングの問題構成

リーディングはパート5〜7で構成されています。

短文の空欄にもっとも当てはまる語句を選ぶパート5から、文書を読んで設問に答えるパート7までとリスニングと同じく幅広い問題を解いていきます。。

パート 問題形式 問題数 センター
だと
短文穴埋め 30 筆記:大問2
長文穴埋め 16
長文読解 54 筆記:大問4

TOEICでハイスコアをとるために攻略しなければならないのがパート7。

リーディングは75分で100問なので圧倒的に時間が足りません。

いかに速く正確に文章を読めるかという速読力が必要になってきます。

参考:『速読力をあげるには?具体的なやり方とおすすめの教材を解説

大学生の平均スコアは559点

悩む人

TOEICについてはだいたいわかった!じゃあ、最初にどれくらいのスコアを目指せばいいの?

英語コーチ ムク

まずは600点を目指そう!

目標の点数が明確に決まっていなければ、600点をひとつの目安にしましょう。

TOEIC Program DATA & ANALYSISより引用

上のグラフの赤枠で囲んだところを見るとわかりますが、学生のTOEIC平均スコアは559点。一方で社会人の平均スコアは603点です。

このグラフから分かることは、学生時代にTOEICをがんばる人はそこまで多くないという事実。

そして社会人になってもTOEICへの意識は変わらないということ。

英語コーチ ムク

逆をいうと、高いTOEICスコアを持っていればそれだけで市場価値が上がるということだね。

実際わたしが就活したときは、当時TOEIC900点。

ある大手金融企業の面接は1回で即内定をもらいましたが、同じ学歴で似たような学生時代の経験をもつ友人(TOEIC600点)は複数回面接をし、結果的には落ちていました。

もちろんTOEICスコア以外の要因もあるかもしれませんが、大事なのはリスクヘッジです。

評価の対象となる指標はひとつでもクリアしておくに越したことはありません。

高コスパ資格のTOEICでハイスコアをとり、周りと差をつける

まずは600点をとって平均以上へ

したがって、まずは平均以上の600点をとりましょう。

新大学生

でもわたしセンター英語9割とれたし、TOEICも600点はすぐとれそう。

そう思った方もいるのではないでしょうか。

しかし、残念ながらセンター英語ができたからといって、TOEICもうまくいくとは限りません。

下のグラフはセンター英語とTOEIC、英検がどのように関係しているかをスコアで表したものです。


TOEIC Program DATA & ANALYSISおよび文部科学省が提供するデータをもとに作成

センター英語が9割とれていればTOEICスコアは余裕で600点いきそうなイメージですよね。

しかし、センター英語が9割超えてもTOEICスコアが400点台なんて人はザラにいます(グラフの赤丸)。

TOEICを受けるタイミングはいつがベスト?

これまでの説明を通して、TOEICは高コスパの資格にもかかわらず、平均スコアが学生と社会人どちらもそこまで高くないことがわかりました。

  • TOEICは努力すれば高スコアは誰でもとれる
  • TOEICスコアは市場価値をあげる資格のひとつ(英語力)
  • それにも関わらず多くの学生・社会人のスコアは低い

ここまで読めばもういつTOEICを受けるべきか分かりますよね?

結論:受験が終わった今がベスト

はい、今がベストです。

いますぐTOEIC公式テストを申し込む>>

TOEICは申し込んでから試験当日まで時間があります。たとえばこの記事を書いている3月だと、次の試験は5月。

約2ヶ月も時間があるので、さっさと申し込みだけすましてしまい勉強を始めましょう。

参考書はTOEIC専用のものを購入すべき

申し込みが終わったらいよいよ学習開始。

参考書はかならずTOEIC専用のものを購入しましょう。

大学受験用の単語帳などが手元にあると思いますが、大学受験英語とTOEICはまったくの別物です。

簡単に区別すると、大学受験はアカデミックでTOEICはビジネス。

使われる単語が違います。たとえ英単語力に自信があったとしても、一から取り組みましょう。

おすすめの単語帳(センタースコア換算)

悩む人

単語帳はTOEIC専用のやつを買えば良いのね。で、おすすめは?

英語コーチ ムク

センター英語の点数によって、おすすめする単語帳が異なるよ!

センター英語が9割とれてもTOEICスコアが低いこともあると先ほど述べましたが、定量的な指標が他にないのであくまで「目安」としてセンター英語の点数をもとにおすすめする単語帳を分けてご紹介します。

センター英語6割未満の場合

おすすめは『銀のフレーズ』、通称銀フレです。

TOEICの基本単語から発展までを網羅しており、とっかかりの一冊としては申し分ない単語帳です。

銀フレに掲載されている単語をすべて覚えればTOEICスコア600点はすぐそこまで見えてきます。

TOEICならではの単語が項目ごとにまとめられているページもある

センター英語6割以上の場合

おすすめは『金のフレーズ』、通称金フレです。

銀フレの兄貴みたいな単語帳で、こちらはTOEIC600点以上をすでに持っている人が対象。600点から990点レベルまで順番に掲載されているため、レベルアップを実感しながら取り組める一冊です。

TOEICならではの語句が掲載。「多義語」はハイスコアに必須の知識

TOEIC関連記事をもっと読んで対策する

本サイトでは独学でもTOEICハイスコアを狙えるように、パートごとに解説した記事やしておきたいテクニックを網羅した記事を掲載しています。

TOEIC関連記事の一覧をみる>>

TOEICテストや模試を分析した結果を余すところなく書いているので、きっと役に立つはずです。

正直、TOEICは努力すれば誰でもハイスコアをとれます。

これは本当です。

ただ、みんな正しい方法で毎日継続しないから平均点が600点とかなのです。

このサイトを使い倒して、600点とは言わず900点以上を目指してください。