英語コーチング

20%還元!一般教育訓練給付金制度対象のコースがある英語コーチングスクール3社を紹介

英語コーチングスクールの料金、高いですよね。

入会金含めると、相場は2ヶ月で40万円ほど。月換算だと20万円です。

サービスは魅力的だし短期間で英語力が上がりそうだけど、金銭面のハードルが高すぎて受講をためらう

そんな方に朗報。

英語コーチ ムク

『一般教育訓練給付金制度』を利用すると最大20%オフになるよ!

なんとスクールによっては、受講金額の20%が還元される『一般教育訓練給付金制度』の対象プランがあります。

仮に受講料が40万円だとすると、8万円も還元されるのでかなりでかいですよね。

今回は、『一般教育訓練給付金制度』の対象プランがある英語コーチングスクールを紹介します。

  • プログリット
    :「TOEICコース」「ビジネス英会話コース」が制度の対象
  • RIZAP ENGLISH
    :「TOEICコース」が制度の対象
  • イングリッシュカンパニー
    :「90日間集中プログラムパーソナルトレーニングコース」「中級インテンシブコース」が制度の対象

一般教育訓練給付金制度とは

厚生労働省の公式サイトから引用しました。

一般教育訓練給付金制度と

働く人の主体的な能力開発の取組を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。…(中略)… 厚生労働大臣の指定する一般教育訓練を受講し終了した場合、本人自らが教育訓練施設に支払った教育訓練費の一定割合に相当する額(上限あり)をハローワーク(公共職業安定所)から支給します。

厚生労働省公式サイトより引用

つまり、厚生労働大臣の指定する講座を受講すれば支払った費用の一部が還ってくるという非常にお得な制度ということ。

ただし、一般教育訓練給付金制度は誰もが利用できるわけではありません。

支給対象者の要件があります。

以下の【教育訓練給付制度 対象者チャート表】で、給付を受けられるかチェックをしてみましょう。

(注1)雇用保険加入事業所にて就業し、一般被保険者または短期雇用特例被保険者であることが必要

(注2)妊娠・出産・育児・疾病・負傷等(継続して30日以上)の理由により対象となる場合もある


(注3)一度教育訓練給付制度を利用し、再度本制度の利用を希望される場合は、前回の教育訓練給付金受給から次回受講開始日前までに3年以上経過していることが必要

支給申請の時期については、教育訓練の受講修了日の翌日から起算して1か月以内に手続を行ってください。

※対象者であるかの確認は、現住所管轄のハローワークにてご確認をすることをお勧めします。
ハローワークの公式サイトはこちら

誰もが【一般教育訓練給付金制度】を利用できるわけではありません。

上の対象者チャート表の確認と、それでも不安な方は『支給要件照会』を行いましょう。

支給要件紹介とは

受講開始を検討するにあたり、自分が一般教育訓練給付金の支給対象者かをハローワークに照会できる。
特に被保険者資格の喪失日から1年以内かどうか、支給要件期間が3年(制度利用が初めての人は1年)あるかどうか明らかではない場合は確認することをおすすめします。

支給要件照会の方法は、ハローワークや教育訓練施設(受講予定のスクール)で配布する「教育訓練給付金支給要件照会票」用紙に必要事項を記入し、受講者本人の住所を管轄するハローワークに提出してください。

一般教育訓練給付金制度を利用できる英語コーチングスクール

英語コーチングスクールの中でも、一般教育訓練給付金制度の指定講座があるスクールは限られています。

というのも、この制度が設ける指定基準の中に【実績】が要件としてあるのですが、英語コーチングは業界自体がまだまだ新しいため評価されにくい傾向があるから。

そんな指定を受けるのが難しい給付金制度ですが、制度を利用できる英語コーチングスクールは3社あります。

クリックで
公式サイトに移動↓↓
制度対象の
コース
制度対象の
受講期間
入会金 通常の受講料 給付(還元)
される金額
実質支払い金額
PROGRIT TOEICコース
ビジネス英会話コース
3ヶ月 50,000円 468,000円 100,000円 418,000円
RIZAP
ENGLISH
TOEICコース 3ヶ月 50,000円 450,000円 100,000円 400,000円
ENGLISH
COMPANY
90日間集中コース
中級インテンシブコース
3ヶ月
4ヶ月
50,000円
20,000円
495,000円
390,000円
100,000円
82,000円
445,000円
328,000円

※プログリットは6ヶ月もあり。

それぞれのスクールについて詳しくみていきます。

PROGRIT(プログリット)

本田圭佑氏をはじめ、スポーツ選手や企業の社長、サラリーマンなど幅広い層から人気のPROGRIT。

第二言語習得論による科学的知見をベースにしたレッスンなしの英語コーチングスクールです。

「生産性(効率的な学習)」と「投下時間(学習時間の確保)」に徹底フォーカスし、最短で英語力の向上を目指します。

資格取得のための
要件または受験資格
特になし
受講に最低限
有しておくべき

技能・知識の
内容及び水準
TOEICスコア350〜400程度の英語力を要する、または同等の英語力を要する
受講にあたって
必要な実務経験
特になし
講座の修了により
習得できる

技能・知識の
内容及び水準
スピーキング:自分の言いたいことを具体的に伝えられる
リーディング:英語資料を詳細に理解できる
リスニング:ネイティブスピーカーのみならず様々なアクセントの英語の発話を理解できる
修了認定基準 出席率80%
スクーリング
場所・時期・期間等
PROGRIT全校舎及びオンライン
12週間の受講期間中、1時間/週1回の面談

詳細ページはこちら公式サイトはこちら

RIZAP ENGLISH(ライザップイングリッシュ)

「結果にコミットする」で有名なライザップの英語版。

RIZAPのブランドに安心感をもつかたには非常におすすめのサービスです。

ダイエットのパーソナルトレーニングから派生しているだけに、コーチングのノウハウはトップクラスと言えます。

資格取得のための
要件または受験資格
特になし
受講に最低限
有しておくべき

技能・知識の
内容及び水準
中学校レベル
受講にあたって
必要な実務経験
特になし
講座の修了により
習得できる

技能・知識の
内容及び水準
N/A
修了認定基準 出席率80%
スクーリング
場所・時期・期間等
ライザップ全校舎
12週間の受講期間中、週2回の来校面談

詳細ページはこちら公式サイトはこちら

ENGLISH COMPANY(イングリッシュカンパニー)

イングリッシュカンパニーで有名なのが「時短英語」で、1日あたり1.5時間の学習を3ヶ月続けることで英語力の向上を狙います。

トレーニングは全て「第二言語習得研究」という科学的な手法に基づいているため、効率的な学習を行うことができるのが特徴。

コースは2パターンに分かれます。

  • パターン1
    :ENGLISH COMPANYだけで完結するコース
  • パターン2
    :ENGLISH COMPANYとSTRAIL(レッスンなしのコーチング)の複合コース

パターン1

パターン1は以下の2コースから選べます。

  90日間集中
プログラム

パーソナル
トレーニングコース
SENIOR TRAINER
90-day Program
料金 588,600円 698,760円
概要 90日間のマンツーマントレーニングでTOEIC645点以上の英語力を養成する 90日間の弊社認定のシニアトレーナーとのマンツーマントレーニングでTOEIC695点以上の英語力を養成する
面談数 24回 12回

『SENIOR TRAINER 90-day Program』は、イングリッシュカンパニーの中でもより実績のある優れたコーチがサポートしてくれるコース。

通常コースよりも料金が高いですが、優秀なコーチが確実につく安心料としての意味合いでしょう。

資格取得のための
要件または受験資格
特になし
受講に最低限
有しておくべき

技能・知識の
内容及び水準
中学校レベルの英文法の知識
受講にあたって
必要な実務経験
特になし
講座の修了により
習得できる

技能・知識の
内容及び水準
(A):中級者レベルの英語力及びその知識
(B):中上級者レベルの英語力及びその知識
修了認定基準 出席率80%
スクーリング
場所・時期・期間等
四谷、恵比寿、神田、品川、新宿、有楽町、池袋、六本木、横浜、梅田、四条烏丸、神戸
(A):面談24回(1回90分)
(B):面談12回(1回90分)

(A):90日間集中プログラムパーソナルトレーニングコース
(B):SENIOR TRAINER 90-day Program

パターン2

パターン2は、STRAILと呼ばれるイングリッシュカンパニーのレッスンなしコーチングサービスとの複合コースです。

  中級インテンシブコース
料金 429,000円
概要 中級グループトレーニングとTHE CONSULTANTのコンサルティング計4か月でTOEIC795点以上の英語力を育成
面談数 17回

中級インテンシブコースは、中級レベルが抱える共通課題をグループレッスンで克服したうえで、効率の良い学習方法と習慣化を学ぶコースです。

資格取得のための
要件または受験資格
特になし
受講に最低限
有しておくべき

技能・知識の
内容及び水準
中学校レベルの英文法の知識
受講にあたって
必要な実務経験
特になし
講座の修了により
習得できる

技能・知識の
内容及び水準
中上級者レベルの英語力及びその知識
修了認定基準 出席率80%
スクーリング
場所・時期・期間等
四谷、恵比寿、神田、品川、新宿、有楽町、池袋、六本木、銀座、大宮、横浜、梅田、四条烏丸、神戸、THE CONSULTANT新宿/銀座/大宮
面談17回

詳細ページはこちら公式サイトはこちら

一般教育訓練給付金の申請について

行きたいスクールが見つかったら、気になるのは一般教育訓練給付金の申請についてですよね。

以下の表をご覧ください。

申請の
タイミング
受講修了後
申請期限 受講修了日の翌日から起算して1か月以内
申請場所 受講者の住所を管轄するハローワーク
申請に
必要な書類
必須書類
1.教育訓練給付金支給申請書
2.教育訓練修了証明書
3.領収書
4.本人・住所確認書類及び個人番号(マイナンバー)確認書類
5.雇用保険被保険者証
6.払渡希望金融機関の通帳またはキャッシュカード
7.教育訓練経費等確認書

状況に応じて必要な書類
8.
キャリアコンサルティングの費用に係る領収書、キャリアコンサルティングの記録、キャリアコンサルティング実施証明書(キャリアコンサルティング費用の支給申請をする場合)

9.教育訓練給付適用対象期間延長通知書(適用対象期間の延長をしていた場合)
10.返還金明細書(「領収書」、「クレジット契約証明書」が発行された後で教育訓練経費の一部が教育訓練施設から本人に対して、還付された/される場合)

申請に必要な書類のうち『1.教育訓練給付金支給申請書』及び『2.教育訓練修了証明書』は受講スクールから受講最終日にもらえます。

『7.教育訓練経費等確認書』はお近くのハローワーク公式サイトから確認しましょう。

まずは無料カウンセリングで自分にあったスクールを確認

英語コーチングスクールは月平均20万円ほどと決して安くはありません。

それだけの手厚いサポートと学習環境システムが整っていますが、やはり金銭面のハードルは少しでも下げたいところです。

今回紹介した3社は英語コーチである私から見ても信頼度の高いスクール。

気になる方はまず無料カウンセリングに足を運びスクールの雰囲気やコーチの対応などを確認してみましょう。